スポンサーサイト

ァーまたポチッてしまった・・ 2014.11.27

仕事から帰宅するとブツが届いている一昨日ポチってしまった道具類二つ。一つ目はこれPetromax HK150のニードルとニップル購入元はファロスさんこのニードルの先端の細ーーーい針を曲げないように組み付けるのがとにかく大変・・。老眼鏡をかけ、ヘッドランプで目一杯光量を当ててニップルをかぶせていく。ニップル上部中心の穴からこの細い針が出てきて指先に当たるよう、慎重にニップルを締め込んでいく。このやり方は間違ってい...

Petromax HK150 完全復活なるか 2014.11.24

夕方から車庫にこもり、しばらく眠っていた Petromax HK150 をいじる。前回使用した際に、ヴァポライザー下部の灯油のにじみに気づき、それ以来ほっぽらかしてあったかわいそうなやつ・・復活を期待しながら気になる箇所をチェック・・・。ヴァポライザー下部のナットの増し締め、ニップルの調整、ミキシングチューブの位置調整・・・・・ついでにマントル新調し点火・・点火後分かったことは、にじみはヴァポライザー部からではな...

我が家の秋・・薪割り 2014.11.24

平地の早朝の冷え込みは、もうしばらく先のようだ。一昨日の西湖の凍えるような朝を振り返ると、自宅のベッドの快適さを改めて実感する。12月キャンプに向け、寒さ対策を考えなければ・・。キャンプから帰ると、こいつらを使って薪の補給・・電気式のチェーンソーだが、それなりに仕事をしてくれる。もっとパワーのあるエンジン式を手に入れたいが・・。裏庭にあったクルミの木の丸太この太さになると割るには気合が必要・・これは...

西湖 自由キャンプ場 2014.11.22/23

今シーズン最後の自由キャンプ場に行ってきた。Am5:30現地着。三連休だと言うのに車の列がない・・静岡から来たワゴンが1台受付を待っているだけ・・気合を入れて出かけて来たのに、初っ端から拍子抜けする。ラッキーなことに昨日からの客はパラパラと数組のみ・・後は受付を待つだけ・・だったが・・受付開始時刻を見ると、10月20日から7時の受付開始が8時に変更となっている。ッゲゲ・・・仕方なく車内でボーッと駄弁る・・今回...

忘れられてたバーナー二つ 2014.11.20

・・追記バーナーと言えば、こいつら忘れてた。・・・もっぱらコーヒー専用だけど・・11月18日・・河口湖方面に仕事が出き、下見も兼ねて西湖と本栖を巡って帰宅する。二つの湖はさほど離れてはいないが、この日は本栖の方が風も穏やかで暖かかった。平日なのに、観光バスが二台駐車。観光客がしきりにシャッターを押していた。西湖キャンプもいいが、この富士の姿を見ると浩庵キャンプも捨てがたい。西湖のように歩いて行ける範囲...

愛用のバーナーたち 2014.11.16

灯具に引き続き、愛用のバーナーを紹介まずはイワタニプリムス EX-ULT-2A 現行P153モデルの前身にあたるモデルシングルウォールのICIゴアライトが主な幕だった頃愛用していたバーナー当時、プリムスからはこんな製品も販売されていた。型番はEX-MFS マルチフューエルストーブジェットニップルの交換により、ガス・ガソリン・ケロシンのいずれにも対応できるモデル移動手段がバイクから車に変わると、荷物の大きさをあまり気にしな...

キャンプの灯り 2014.11.12

オートキャンプを始めて増えた道具の一つが灯具キャンプを始めた頃は、灯具と言えば手軽なガスランタンがメインだった。高価なガスだから、絞って絞って・・・最低限の光量で手元を照らしてた。今では出番がほとんどなくなってしまったプリムスの「p541マイクロランタン」と「 IP-100LA」p541は現在も販売されているが、IP-100LAはすでに製造終了。おまけにガラスのホヤもすでに製造停止・・IP-200LAという2連モデルも当時は販売...

庭先でボーっと過ごす 2014.11.9

庭先に転がっていた朽ちた板を片付けながら、朝からボーっと過ごす。昔は良かった。冬になると毎朝のように祖父が剪定した枝やら落ち葉を裏庭で燃していた。小学校に上がる頃には、燃し木は自分の仕事になっていた。昔はライターなんて便利なものはなかった。毎日繰り返していれば、小学生だってマッチ1本で火を起こせるようになる。・・火起こしは祖父から学んだ。焚き火が心安らぐのは、遠い記憶と重なり合うからなんだろう・・...

百目のつるしんぼ 2014.11.8

この時期我が家はこれをつくる。甲州弁で「つるしんぼ」という。これは百目柿のつるしんぼ。出荷しているわけではないが、我が家には甘柿やらしぶ柿やらとにかく柿の木が20本近くある。この柿を食べるために、母はこの家に嫁に来たと昔聞いたことがある・・・皮むき手伝いのあとは、愛用の斧と鉈でちょこっと薪割り。...

Feathercraft Wisper XPS メンテ 2014.11.5

久しぶりにwisperをメンテする。所要時間1時間。フレーム接合部のオイルアップと組付により損傷部がないかチェック!このクレの666久しぶりに吹いたけど甘くてなかなかいい匂い・・?バラす前のシーソックス装着状態 これのお陰で艇内に水が入ることはまずない。名前の通り、下半身がすっぽり収まる靴下みたいなもの。3番クロスリブにはスポンジ噛ませてある。若干窮屈にはなるけど腿の裏が痛くない。シートはエアを入れること...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。