スポンサーサイト

恒例の餅つき 2014.12.30

餅つきをした。子どもの頃は、正月の餅つきは五臼も六臼もついていたが、最近は随分小ぢんまりしてしまった。準備ができるまではいつもの焚き火火燃し当番は今日は娘・・煮物をつまみながら米が炊けるのを待つ・・大好物のイカとコンニャクの煮物・・たっぷりの煮干しとかつお節で煮詰めていく・・。ひと臼目は白い餅お供えと厚めの切り餅それからあんこ餅が出来上がる。コレは昭和五年に新調した麺箱コレは明治から使っているのし...

懲りずにまた木箱 2014.12.28

しばらく箱は作らずにいようと思っていたが、時間ができるとつい足が車庫に・・この際、すべてのプラ系ケースを木製に作り変えることに・・世話になったプラケースは、車庫の収納にこれからは活躍してもらう。手頃なサイズのケースがなかった焚き火の箱用の収納箱に今回は挑戦。煙突ガードも含め、火器の一部も収納できるようサイズを割り出す。こんな感じに組み上がる。箱作りも若干飽きがきて・・・隙間一杯・・。塗装で誤魔化す...

Table ? 2014.12.23

しばらく工作は休もうと思っていたが・・また作ってしまった。最近ブログ等で見かけるテーブルの足の構造が気になり・・日曜日、スノピのワンアクションテーブルから取り外した竹天板を使い、鉄筋を溶接して足を作って組み合わせてみたが、どうも相性が良くない。竹の質感が高すぎ、鉄骨とバランスが取れない・・。ここで食い下がる訳にもいかず、昨日は近所のクロガネヤに直行・・他の家具類との調和も考え、やはり木材で作ること...

木箱・・あと一つ 2014.12.21

しばらく眠っていた制作意欲が湧き上がり、この一週間は稼ぎまくった。本業は別として、このペースで製作できたら副業になるかも・・?買っていただける方がいればのことだけど・・・週末の〆は、ランタンケース・・構造考えるの面倒だったから、前回の木箱とほぼ同じ作り箱の中の真ん中あたりに取り付けてある横棒は、この上部に入る木箱のストッパーランタンのボール・ナットの取付面より若干上方に取り付けてある。こんな木箱が...

木箱完成 2014.12.19

昨夜作り始めた木箱の磨きと塗装終わる。いつもの靴墨塗装で外周を塗り終える頃に、KIWIくんが空に・・・・仕方なく内側と底はニス塗りに変更仕上がって見ると、なんだか宝箱のようだ・・。しばらく匂いが消えるのを待って、コンテナから小物類を引っ越ししよう・・。先日からからかってきた家具類3点棚の制作から1週間・・テーブル・木箱と家具類を3つも作っちまった・・。ちょっと稼ぎすぎたか・・・。始めだしたら止まらない...

木箱1 2014.12.18

帰宅後、車庫にこもり、またまた工作。製作開始から3時間・・・気がつけば9時・・・飯も食わず集中してしまった。愛用の丸のこが今日は大活躍。手動ノコは仕事の後は辛い・・。制作当初、リマのケース兼台のつもりで作り出したが、・・・出来上がるうちに構想と実物の違いに気づく。。。デカすぎた・・・・・仕方ないので、この木箱はクリアケースに入ったキャンプ道具を仕舞うケースに変更・・。側面2枚完成素人だから、1mmも...

MLIMA ステンジャグ 2014.12.15

密かに狙っていたものが到着MLIMA ステンレスジャグ10保温力のあるジャグ(詳細はショップHPで)細部の作りは疑問に思う部分もあるが、醸し出す雰囲気はなかなか・・厳冬期もコレで水が凍らずに済みそう・・。ジャグの写真撮り終え、週末作ったテーブルの足の加工をする。大したことはないが、強度・見た目ともこっちの方がイイ・・・。オイルを染み込ませ1日経過したら、大分色調が落ち着いてきた。...

工作 二日目 2014.12.14

棚完成後、テーブル用材料をホームセンターに・・昨日は二つのキャンプ道具を作ってしまった。夕食後に車庫にこもり、製作開始。一層目の塗装が終了したのが夜半すぎ・・・。今朝は棚とテーブルの再塗装・・と、稼いでしまった。棚の支柱は手元に塗料がなかったので、必殺・・靴墨塗りたくり。これほんと手軽でイイ・・。塗装する頃には大分疲れているから、神経使う刷毛塗りは大体失敗に終わる。一気に作るには靴墨はほんとに便利...

久しぶりの工作 2014.12.13

早起きして棚を作った。ブログでなかなかカッコいい棚を見つけ、アイデア頂戴・・させて頂きました。実際に作って見ると、良く考えられた構造だと感心させられた。そっくりさん作っても仕方ないので、若干アレンジ・・・棚板に杉を使ってみたが、改めて杉の木目の美しを実感。色調を揃えるには、支柱も同じ素材で作れば良かったと後悔・・・。ガソリンランタンに手を出してしまった・・。オークションは見ないようにしよう・・・。...

MSR Fuly 撥水処理 2014.12.6

昨日届いた信越シリコーンのPOLON-TでFulyの撥水処理を行う。雲行きが怪しいが、揮発性の高いPOLONを塗るには気温も低くちょうどイイ。仕舞い込んで1年あまり・・久しぶりに見るFulyの姿はやはり美しい。ざっと畳んでしまったせいか、フライの小じわは醜いが・・。山脈の稜線のような美しいラインテントにはそれぞれにメリット・デメリットがある。だから知らず知らずのうちに幕数が・・・増えていく。こいつにもデメリットはいく...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。