スポンサーサイト

PWAC 2015.10.25/26

11:30着 先客がまだ撤収中だったので、暫く管理人さんと立ち話。10月から料金体系が変わったらしい。今日の富士・・ココからはこれだけしか顔を見せてくれない・・日曜日なのに、五組ほど幕を張っている。明日皆さん仕事無いのかな ?私は、ズル休みです。・・ではなく、ラッキーなことに明日は有給休暇取ってます。今日の蒔は胡桃 カラッカラに乾き、斧が気持ち良く入っていく。麻布が巻かれていたから、何処かの庭木か街路樹だっ...

PWAC 早朝 2015.10.25

9月の西湖キャンプから一ヶ月経過・・月2回ペースのキャンプはなかなか難しい。Am3:30起床242Cの照度に比べ、200Aの方が若干暗く感じたため、バルブの軸の形状とフューエルエアチューブ内の状態を再度確認する。バルブ軸をボール盤に固定して、まずは先端部の研磨・・続いて、フューエルチューブの針の研磨・・ついでに大王マントルに交換・・燃料漏れを確認して着火燃焼音も光量も若干増したようだ・・部品が少ないだけに、不調...

Coleman 242c その2 2015.10.24

Am3:00目が覚める。暗いうちに仕上げようと、先日ポチった242Cのメンテを始める。66年間の長い眠りの中で生じたネジ類の固着を心配しながら、慎重にバラす。給油キャップは写真ではわかり難いが、ゴムは経年劣化も甚だしい。すでに炭化しつつある。バーナーで炙り、ゴム類を焼き切り、マイナスドライバーでこそぎ取る。ついでに、給油口にも軽いペーパー掛けと、ピカールで磨きも・・・ポンプを取り外し、チェックバルブを抜き...

Coleman 242c 1949.6 2015.10.20

200Aに続き、さらに年配のランタンを入手する・・Coleman 242c 1949年6月製造の未使用モデル・・・1949年・・昭和24年・・今年で66歳のNOS品どこで66年間眠っていたのだろう・・・200Aの前身となるモデルだが、200Aと見比べると、各部に高級感と重厚感が感じられる。販売当時の元箱から取説、マントル・・・・フルセットの極上品メンテに備え、チェックバルブ・パッキン・・・・入手バーナー部のこの味は200Aにはない・・蒸気機関...

Coleman 200A Burgundy その2 2015.10.17

前回に引き続き200Aの話題点灯して15分程経過すると、息継ぎを起こす。原因不明・・・唯一気になるのが、バルブアッセンブリーの組み付け新品の状態を確認したかったため、ネットでNOS品を検索・・いい値で販売されていたが、最終期のバルブアッシーだったのでポチる。ショップでお借りしていた液体ガスケットを返してしまったため、こいつもポチっておいた。何年眠っていたのかわからないが、やはり新品。各部の動作はとてもスム...

Coleman 200A Burgundy 1961 2015.10.11

1961年製の Coleman 200A Burgundy が新たに仲間入り一週間程前に手元に届いていたが、点火不能状態・・・ポンピングしても・・・ジェネレーター先端からエアさえ出ない・・・仕事も慌ただしく、手を付ける時間もなく、仕方なく寝かしつけて消耗部品集めを始める。そして、この連休にやっと修理に入れた。バルブユニットを取り外すため、昨日は液体ガスケットを仕入れに走る。カー用品店を3軒ほどめぐるが、在庫なし・・・取り扱...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。