スポンサーサイト

餅つき・・ 2015.12.30

我が家の恒例の餅つきの日やっと山梨も冬らしくなってきた。畑はここ数日毎日霜が降り、真っ白に輝いている。庭先の南天の実も真っ赤に色づく・・畑から木端をかき集め、先日選定した杉の葉にライターで火をつける・・杉の葉の煙は懐かしい匂いがする・・焚き火台には溢れんばかりの薪を乗せ、朝から燃しまくる・・選定した月桂樹の枝も、特有の香りがする。焚き火当番は、・・・本日は娘餅米が炊きあがるまで、のんびり、娘と火遊...

寿司屋へ・・ 2015.12.29

久しぶりに家族で近くの寿司屋へ食事に出かけるちょっと洒落た店構え・・入り口では地蔵さんがお出迎えまずはお通し・・イカの明太子添え・・・?続いてつぶ貝の包み揚げ目の前におまかせ寿司が・・白子も、ウニも、キンメも・・口の中に甘みが広がり最高・・!こちらはちらし寿司彩りも綺麗だが、器のセンスもなかなか・・全く臭みのないアラ汁が最高に美味かったが写真撮り忘れた・・・・次回はコース料理味わおう。明日は恒例の...

Coleman 242C maintenance 2015.12.28

アカメと杉の垣根剪定のせいか、体の節々が若干痛いが、今日も農作業の続き・・年に何回か剪定を行っているが、我が家の杉の垣根は、植えられてから60年以上が経過・・小さかった頃は、枝の先端につく2〜3mmの実のようなもの(花?)を使い、杉鉄砲でよく弟と遊んだ・・薪で沸かした風呂の焚付の仕事は、小さいながらも、好きな作業の一つで、亡くなった祖父の焚付姿を見よう見まねで覚えた・・焚付のはじめは、枯れた杉の葉に、マ...

PWAC 2015.12/24.25.26

24日午後3時、PWACにて・・・久しぶりの二泊三日のPWACソロキャン今日はクリスマスイブ・・自宅に家族残して親父一人で楽しんでます。我が家のクリスマスは、昨夜の内に、ツリー飾ってケーキデコしてペロリと食べ・・プレゼントは、・・・間に合いませんでしたが・・・娘は、今だにサンタがプレゼント届けてくれると思っている様だ・・・昨夜の会話 ・・でも、家に鍵掛けてあるのに、どうして枕元にプレゼントがあるの?・・ ・...

Coleman 502-700 stove maintenance 2015.12.19

今週も一日一日が慌ただしく過ぎ去っていった・・そろそろ年末のスキーの予定を練らなければ・・賀状の印刷もしなければ・・庭先のモミジもすっかり葉が落ち、朝から落ち葉かき・・集めた落ち葉は、裏庭の腐葉土用の鉄柵の中へ。庭先も一通りすっきり片付き、502のメンテを行う。来週末は二泊三日のPWACソロキャン・・・今日のメンテは部品磨きと燃焼テストの続き・・まずはジェネレーター取り外しと磨き・・ティップクリーナーは...

Coleman 502-700 stove 2015.12.17

仕事から帰宅すると、久しぶりに手に入れたstoveが到着している。1969年10月製造の502・・早速、いつもの様にバラす。初めて手に入れた502だが、火がつくのだろうか・・・?状態は極めて良い・・パテペンのデカールが眩しい・・反対側もデカールには傷ひとつない・五徳には焼けも見られず、新品に近い状態だ・・フューエルチューブもタンクもサビはどこにも発生していないようだ。取り外したチェックバルブ軸の先端には、タンクと...

Coleman CANADA maintenance 続き 2015.12.16

前回に引き続き、Coleman Canada200のメンテの状況ランタンを仕入れたショップに問い合わせ、カラーとバルブアッセンの話を聞く・・カラーに刻まれたジェネレーターの番号である242ー299は、T-66の別名私のCanadaモデルは初期のモデルで、途中からT-66 の表記になるらしい。Coleman ではこういった部品の変更は多々あるようで、初期のロットでは可能性が高いらしい。同じく、丸いバルブアッセンも同様に、初期のロットでは共有して...

Coleman CANADA maintenance ・・続き 2015.12.13

昨日に引き続きメンテ今回はポンプカップの不具合の修理ポンピングで圧はかかるが、ノブを引き上げる際に重くてスムーズに引けない状態をなんとかしたい・・。原因はこの皮カップらしい。購入場所や時期によって微妙にサイズが違う。幾つか付け替えてやっと解消・・。基本は同じ200系だが、USAモデルとCANADAモデルでは使っている部品の形状があちこち違う・・CANADA200(上・51年)200A(下・61年)から外したポンプ一式だが、細...

Coleman CANADA maintenance 2 2015.12.12

今週も慌ただしく一日一日が過ぎていった・・年の瀬とはこういうものなのだろう。早朝目が覚め、ランタンの整備を行う。腰下腰上ともに、今日は磨き作業・・酸に漬けた形跡だろうか・・?チューブ類の真鍮の色が若干ピンクがかっている。はじめはピカールで一生懸命こすっていたが、作業は一向に進まず2000番の耐水ペーパーに切り替え・・インチサイズのレンチ類・・車用に仕入れたまま、なかなか出番が無かったが、まさかランタン...

Colman CANADA 200 maintenance 2015.12.8

昨日に引き続き、メンテの続き・・・今日はポンプ周りのクリーニングキャブクリーナーとエア、真鍮ブラシで丹念に磨きこむその後、試しにバーガンディーのベンチを乗せてみるが・・・やはり合わない。CANADAモデルのオリジナルのフレームに、USAのベンチはつかないようだ・・。下部のメッキの色彩に、バーガンディーを合わせて見たかったがフレームごと交換しないと無理なようだ。その後燃焼テスト・・20分・・30分・・40分・・・...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。