スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

f字孔の美



最近アウトドアとは程遠い記事に偏りつつあるが・・日記より・・

今日は仕事を終えて、娘のチェロレッスンに出かける・・・
気が付けば、もう六年が経過・・
娘のチェロは、これで三台目になるが、腕の方は・・・?
体の成長に合わせて楽器も大きくしていくので、4/4サイズにたどり着くには・・・あと二台



大人になっても音楽の世界に親しんで欲しいという願いから始めさせたチェロ・・
もちろん音大に進んで欲しいという願いなど持っていない。

チンタラペースの我が家の練習に、いつも目標を持たせながら力になって頂いている先生にはいつも感謝している。
先生を伝手に、素晴らしい楽器にも出会えた。
わずかな時間だが、毎晩時間が許す限り娘に付き合いながら、私も音色を楽しんでいる。

_DSC5854_convert_20160115182133.jpg

弦楽器は何種類か持ってはいるが、ヴァイオリン族の弦楽器の美しさは、他の追随を許さない。
ヘッドの渦巻・・・胴体のくびれ・・・駒の形状・・・・・そしてf字孔

f字孔の存在と形状には、駒の位置の目印・魂柱調整・音響的要素・デザイン的要素・・
・・等々の様々な目的と要素があるようだが、この完成された形はやはり美しい・・

関連記事
Theme: 日記 | Genre: 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。