スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪棚 2016.3.21



いずれも針葉樹の檜の薪
右は森林組合から仕入れた伐採された檜の薪
左は近所の方から頂いた稲を干す支柱として何年も使われてきた檜の薪
整然と積み上げられた薪はなかなか美しい。
抽象絵画を見ているようだ・・

気がつけばもう三月も下旬に近い。
週末の度に稼いできたせいか、ほぼ予定通り広葉樹の薪割りを終えることが出来た。
手元には支柱を残すばかりで割るものが無くなってしまった。



大根おろしでふきのとうを食べようと思い、裏の畑に行くと・・・
すでに花が咲いてしまった・・これも春を感じる食材の一つだ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。