スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂いた李の薪 2016.3.29



先週農家の方から頂いた李の材木
Kトラ2杯分位あったが、伐採して2年程地べたに転がしっぱなしだったため
殆どが虫が入り、薪には使えそうにない。お断りすることも出来ず
芯がまだしっかりして重さのあるものだけ頂く。
薪と一緒に、ウドやら菜っ葉やら土産に頂く。

李・杏・柚子・桃・キウイ・葡萄に柿・・・
その方は、一年を通して収穫できる果物を広大な農地で栽培している。
季節季節でいろんな薪がいただけることになった・・。
燃費を気にせず燃せる事は本当にありがたい。

先日出来上がった薪棚の真ん中に棚を一つ追加する。
こうでもしておかないと、乾燥が進んだ下の薪が使えない。
樹種で積み分けることも出来る。



昨日入手した直径10cm程のけやきの幼木
幼木と言えども、年輪はとても美しい。



割って二ヶ月程経過したクヌギ
乾燥は少しずつ進んでいる



薪として使えるようになるにはあと一年は寝かさないと・・・
先日マジックで割った日付を書いたが、こうでもしておかないと、いつ割ったのか思い出せなくなる。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。