スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BORG 90FL 2016.10.29



愛用しているBORG90FLのピント調整改善のため、ヘリコイドを取り外し、新たに購入したラックピニオン接眼部を取りつける。
ヘリコイドでは、正確なピント出しが難しい。

_DSC0741_convert_20161029184359.jpg

組みつけてみると、ラックピニオンダイアルの位置が斜めになってしまい、とても使い勝手が悪い。
仕方なく、M57回転装置も追加購入して組み付けるが、合焦しない。BORGの部品の組み合わせは、なかなか手ごわい。
手持ちの部品の組み合わせで、ピント出しをするため、試行錯誤の末にやっと合焦する組み合わせを見つけ出す。
しかし、レデューサーのスペーサーLも取り外してしまったため、補正レンズ群から焦点面までの距離が変わってしまった。



外に持ち出し、試しにシャッターを切るが、モニターで映像を見る限りでは、像の劣化はほとんど見られない。
天体撮影にどんな影響が出るのかは実際に撮影してみなくてはわからない。
BORG沼にどっぷり浸かってしまったようだ・・・


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。