スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M42 オリオン大星雲 2016.12.3


2016/12/3 Am 2:30 BORG90FL 360mm f4.0 D810A
100″×9枚コンポジット トリミング ISO1600 自宅裏から

D810Aの試し撮りがやっとできた。
Am1:30 大気が安定し始めるこの時間帯が街の灯も消え、星の透明感が増し、撮影にはいい。

無題
Nikon Hpより

赤道儀のアライメント調整や、レンズのピント調整はD810同様に、ライブビュー画面で拡大表示させて行っているが、D810Aには、シャッタースピード30秒相当のプレビューを表示できる機能がある。写真のように、実像として目で星雲が確認できる点はイメージを掴むことができ便利な機能だ。

IMG_3642.jpg

今回もBORG90FLをメインに冬の星雲星団を狙う。球面収差による周辺の像の歪みは、Nikonに軍配が上がるが、中心部の抜けるような透明感は大きな魅力だ。

DSC_0063.jpg
2016/12/3 Am 3:00 BORG90FL 360mm f4.0 D810A
100″×9枚コンポジット トリミング ISO1600 自宅裏から
前回の撮影画像よりはちょっとマシになったバラ星雲。
花びらを繊細に再現するには、コンポジット枚数をもっと増やさなければならないのだろう。

撮影後の画像処理は、Stella Image7、Capture NX-D、Photoshop で行っている。
使いこなすにはまだまだ時間がかかりそうだ。
機能を覚え理解しても、撮影が間延びすると・・・ソフトの機能がごちゃ混ぜに。







 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。