FC2ブログ

天体撮影 2020.10



撮影を開始して1時間が経過・・・
これは北アメリカ星雲
鏡筒は William Optics Red Cat51 f/4.9
カメラはZWOのASI 294MC Pro

IMG_E8089.jpg

これまでガイド鏡として使っていたZWO30F4 を取り外し、kowaのLM100JC に変更したためピント出しに手間取ってしまった。
K-ASTEC BLOGの記事を参考に、ZWO ASIAIR PRO のFocus機能を使い無事セッティング完了。
次は Red Cat51のピント出し。バーティノフ・フォーカシングマスクは実にピント出しが楽だ。

続いてM31を撮影するが IDAS Nebula Booster NB1 が取り付けてあったせいか、色調が赤系に偏ってしまう。
撮影中雲が通過したため、そこで中断。

鏡筒から Nebula Booster を取り外し、オリオン、プレアデス、バラを撮り続ける。

IMG_8073.jpg

IMG_8078.jpg

IMG_8084.jpg

バラ星雲は ASIAIR PRO のライブスタック機能で撮影。
昨夜は10時ころからはほぼ快晴状態で、安定した条件の中で撮影に専念出来た。
撮影に集中していた間に、日付が変わっていた。
PCにデータ取り込んでチマチマいじるのはどうも気が進まない。
このまましばらくはワンショット撮影が続きそうだ。

今夜も天気いいみたいだ。
空が安定しているようなら今夜はBORGで撮ってみよう・・・










・48mm
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する