スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tentipi 用 煙突ガード加工その後 2014/8/10



さっきから携帯がひっきりなしに唸ってる。台風接近に伴うyahooからの注意情報。
今回の台風はタイミング悪すぎだ。盆休みのキャンプをキャンセルされた方どれくらいいるんだろう。
おそらく週の後半からは、どこのサイトも満員御礼・・。

天気が冴えない日は工作に限る。Tentipi用焚火の箱Gspの煙突ガード完成。

ホームセンターから適当な穴の間隔のネット仕入れる。(1枚500円位)
必要な長さにグラインダーでカット。
万力で固定してハンマーでガツン!と直角に。
同じものを2枚作ったら溶接バシッと!(相変わらず下手くそな溶接痕)
これで幕と接する部分完成



焚火の箱用煙突付属の揺れ止めのコーナーから、カットしたスプリングを4方向に止める。
(この揺れ止め予め4箇所に穴開けしてある。)



揺れ止めは、下部で煙突の外周と接するようサイズを出してあるため、ガタツキはあり。



トップからガードが下がらないようチェーンで固定・・・これで完成!
購入したのは、ネット・チェーン・フック・スプリング・・・以上。3000円位だったかな?

ネットでパンチングメタル仕入れて筒状のガード作ろうかと思ったが・・端材の販売店見つからず断念。



完成後、庭先で火入れ。
焚火の箱用煙突火入れは今回で3本目・・。
1本目は何も考えずにガンガン燃した。→指紋やら素手で触った跡が見事に煙突に模様となって残る。
笑’sさん・・説明書に一言添えていただけるとありがたいです。それから、Gspの折りたたみ足の本体との接合部シンプルな構成で素晴らしいんだけど、足の部材もう少し強度出ないでしょうか?煙突を垂直に保つための一番大切な箇所です。(先日、設置時に上から抑えたら、片方の足開いてしまいました。構造見ながら修正しました。)

Gsp本体のステンの焼きの入った色は綺麗だ。
スーパー7のマイク・ザ・パイプのエキパイもこんな色だったっけ・・。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。