スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木箱・・あと一つ 2014.12.21



しばらく眠っていた制作意欲が湧き上がり、この一週間は稼ぎまくった。
本業は別として、このペースで製作できたら副業になるかも・・?
買っていただける方がいればのことだけど・・・
週末の〆は、ランタンケース・・
構造考えるの面倒だったから、前回の木箱とほぼ同じ作り


箱の中の真ん中あたりに取り付けてある横棒は、この上部に入る木箱のストッパー
ランタンのボール・ナットの取付面より若干上方に取り付けてある。






こんな木箱が中に入る。
内径ギリギリに作ると、空気が抜けずに入れにくい。
ガタがありすぎると、センターの穴にボール・ナットが収まらなくなる。
木箱のサイズは今回の制作の中でも頭を悩ませた点・・。
良く出来た家具の引き出しは、空気が抜ける感覚が伝わってくる。
プロはやっぱりすごい。

材料調達時に、板が足りなくなり、仕方なく転がっていたベニアをカットして使う。
大きな板から、部材がどれくらい取れるか考えるのは、なかなか難しい・・。
センターの穴は、ランタンのベンチレーター部に付く、ボールナットの挿入箇所
コレで箱の中で暴けずに済む。


コレは上蓋。振動で外れないよう一番神経を使ったところかな・・。


コレは下からの図。
底板は、箱のメンテのため接着しない。

組み上げるとこんな感じ・・





今回は、シナベニアの白木の色を残したかったので、塗装はごくわずかに留める。
制作時間6時間位だろうか・・?
箱づくりは、やっぱり難しい。
鋸挽きから鉋かけ、サンドペーパー研磨・・・常に直角を意識しないと綺麗に組みあがらない。
構想の段階では、どの程度の労力が必要なのか良く見えない。
箱作りはしばらく休憩・・
しばらくしてからペトロの作ってあげよう・・・。







関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。