スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nordisk Asgard 12.6 2015.1.6



Tentipi以来の幕の購入に踏み切った・・・

・ワンポールで設営が容易なこと
・親子3名ゆったりくつろげるスペースがあること
・コットは3本入ること
・夏を中心に使うため、窓があること
・薪ストーブが使用できるようコットンベースであること

これらの条件を満たす幕を絞り込み、最終的に決断した幕は
Nordisk Asgard 12.6」

ついでに、PENDLETONのジャガードタオルとNordiskのClassic Duffleもポチる・・。






車庫で開封していじくっていたら、お隣の国からあるものが届いた。


写真撮ってなかったからアマゾンから頂戴

コレはVAPALUX M320のアルコールコップ(プレヒート用のアルコール受け皿)
可動式で火屋の下に出してアルコールを入れられる構造になっている。

購入から2日後、ある工事に取りかかる。
コレを幕の天井に突き刺すための穴あけ加工・・。

一度も使っていないテントに、はさみでジョキジョキと気合を入れて冷静に穴を開ける・・。

穴あけ前の最後の姿・・・。


鉛筆で引かれた線に沿って、この後ジョキジョキ・・・。


穴を開けた後は、25mmの綿テープで縁を縫い付ける。




穴が開きっぱなしでも困るので、付属のペグケースを切って蓋を作る。
40年ぶりにミシンを動かす。自宅にはないので妻の実家に飛んでいく・・。

年季物のこのミシン なかなかイイ味してる。

表面にはシロクマ


裏面にはAsgardの文字


こんな形で仕上がった・・。




煙突立てるとこんな感じになりました。




庭先で張ってもどうも新鮮さがない・・。
張れるスペースがあるだけ幸せかもしれないが・・。

コレで試し張り3度目
私のAsgardはフロアなしなのでペグダウンが非常に難しい。
テンティピと同様のガイドラインを作って位置決めしているが、一発で位置が出せないのが難点。
フロアなしのAsgard 皆さんどうやって設営しているのだろう。

さて初張りはいつのことだろう・・・・。









関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。